懲役は18年でも改心できなければ出てこないで欲しい 

東名高速道路あおり運転事件の裁判での判決がでたそうですね。
懲役18年とのことです。

この被告はあおり運転をして、無理やり一家の車を追い越し車線に停車させるという殺人行為を犯したので、私は殺人罪でもいいくらいだと思いました。
なによりこの被告を許せないと思う理由は、被告が全く罪悪感を抱いていないということです。

この事件を起こした後も同じように、あおり運転をして、他のドライバーを脅迫していたそうですね。
それから、判決が言い渡された後も首をかしげていたそうです。

自分のせいで二人の尊い命がなくなったというのに、申し訳ないという気持ちが持てないなんて、どこかおかしいのかもしれないと思います。
こんな人が社会にでたら、また誰かが迷惑すると思います。
本当は一生刑務所に入っていて欲しいくらいだと思いました。

亡くなった夫婦の娘さんや遺族の方が本当にお気の毒です。
被告が18年間刑務所に入っている間に善悪や道徳を教えて欲しいものだと思いました。
そして、社会的に許されないことをきちんと分かった時に初めて社会に帰って来てもいいというふうにして欲しいです。
今と変わらない被告を社会に出すのだけはやめて欲しいです。 キレイモ 脱毛 効果