燃焼のことと質量捕獲の基準などについて実習

燃焼などについて勉学しました。ろうそくの形態、減らすと二酸化炭素と水(水蒸気)ができて、ムード消息筋へ止めるので軽くなります。カリウムは、氷とすっごくマッチして酸化物をつくります。花火に火をつけてしっかり燃やしたのち、海中に来れると花火は海中でも消えずに燃え続けます。これは、花火の火薬の中に留まる硝酸カリウムという物体が、燃えながら酸素を発生するので、その酸素を使うことで海中でも盛り上がることができます。次は、化学違いについてだ。どんな化学違いでも、違いの前後では反応する物体の質量の総和と、マッチしてやれる物体の総和とは変わりません(1772カテゴリー、ラボアジエ提言)。これを質量持続のルールといいます。化学違いの前後で、原子の部門と頭数は貫くから、物体全体の質量は変わりません。次は、沈殿がこなせるマッチについてだ。沈殿が望めるが、全体としての物体の出入りはなく、マッチの前後で全体の質量は変わりません。知らないことを勉学できて良かったです。

レノファ山口FCvs北海道コンサドーレ札幌

山口市の維新百階級おみやげ公園陸上部門で行われた明治安田ライフJ2リーグ レノファ山口FC対北海道コンサドーレ札幌戦を視聴しました。遊戯発車3タイミング前に到着しましたが、その日は甚だ暑く立ってあるだけで汗が滝のように流れ落ちてきました。アリーナ内で食べた夏みかんシャーベットが実においしかっただ。部門内に入ると、助っ人の歓声が甚だ響いていました。コンサドーレサポーターも遠くから多数駆けつけて盛り上がっていました。
遊戯は、初期に2得点とったコンサドーレ札幌がレノファ山口の後半の立て直しをアクセントに和らげ、1-2で北海道コンサドーレ札幌が統治しました。レノファ山口は初期コンサドーレに殴り込みを封じられてしまいましたが、下部はコンサドーレの運動量が落ちたこともあり、局面は何度も作りました。最後の界隈が決めきれなかった場が惜しかっただ。しかし、レノファのプレーヤー・助っ人が「いけそうイメージ」を作り出した事は良かったと思います。嬉しい遊戯でした。