田中康夫氏が偉大に思えてしまうのですが異常でしょうか

某テレビ番組で新進気鋭の女流政治学者と言われている三浦瑠璃氏を完全に子ども扱いした感じの田中康夫氏が偉大に思えたのでしたが、それは別に異常でも何でもなく普通ことだと思います。何故なら田中氏は一橋大学を出てるし、クリスタルで有名な小説まで書いている、もとはといえば作家さんで頭いい人なので当然だというような気がするのでした。
その上長野の知事をやったり国会議員までやった人ですから、普通なら経験値や何から比べても、そんな年齢不相応な経験値の高い人と論戦しても勝てるとは思わないでしょう。
ですからまだ30代半ばの学者女子が身の程知らずにも、論戦を挑んでも軽くあしらわれてしまうのは当然の成り行きのように思えました。
依然として社会的影響力のある石原元都知事や川村名古屋市長らと田中氏が同窓だなんて考えただけでも、もう一般庶民及びその他下々の者は黙って話を聞くしかないとしか思えません。
ですから三浦氏も田中氏のような方とは議論しても自らの無知をさらすだけなので、これから出世したければもう暫く先生と生徒の関係でいたほうが身の為のような気がします。