拙いながらも独り暮らしに対応するためごはんをつくる。

当方20代後半、マイホームライフ(一人暮らしビギナー)な結果、輩に胸を張って残せる調理すら作れません
薬味を合わせて風味を調整するという効用もうどんのだし汁を作れる側ですが
まぁ、出来合いのものを使うならばなんとかなるか、から

ピーマン2個
豚バラ(でまかせ)
人参1/2
玉ねぎ一種

恥ずかしながら野菜の切りクライアントの称号すら知りません、細く早く、箸で掴める程度のがたいに切って油で炒める
火が通ってきたら塩気コショウ、焼き肉のタレ(時辛+辛口)で風味をコントロール

どんぶりにご飯を盛り、上記の野菜炒め(焼き肉のタレ風味)を上に盛り付け
焼き肉丼の成立..ですがしばし風味を調整するならどうしようか、から取る直前にカラシを混ぜてみました。チューブ入りのタイプだ。
アタリかなと思います。ちょっぴり足りなかった辛さが若干後を退くようになり、風味が締りました。

という、この形で出来合いのものによる拙い調理をたま〜に作っていますが
自己流の着こなしを発見して行くのも一つの楽しみかな、といった調理の楽しみを知りました。